愛車の下取りディーラーが一番良いわけではない。

まあ、バレたら懲戒モノでしょうが、かなりの小遣い稼ぎになったそうです。

そんな事ができたのも、客が愛車の下取り価格に無頓着な時代だったからですよね。
今じゃ、みんなお金にシビアですから、到底不可能だとは思いますが……。
さて、先程「下取りはサービスの一環」と言いましたが、これに関しては若干誤解されている方もいるだろうと思います。
つまり、「クルマを買ってあげるのだから、普通より高く査定してもらえるだろう」という風に勘違いしている人が未だに多くいるのです。
しかし、よく考えてみてください。あなたの愛車を下取りした自動車ディーラーは、その車が転売できなければ、あなたに販売した新車や中古車の利益を回収出来ない訳なんですよ。
となると、ディーラー側とすれば、販売代金を回収するために、それ相応の手間や費用(整備費・広告費・人件費・税金など)も必要になってきます。
したがって、あまり高く下取りすると、「クルマが売れたのはいいが、全然儲けはなかった」なんて事態になりかねません。
ですから、ディーラーの下取り価格が、買取業者の査定価格よりも高くなるなんて事は、実際問題、あまりない事だと頭に入れておいたほうがいいでしょう。
また、ディーラーによっては、値引き金額と下取り金額をミックスした見積書を出してくるケースもあります。
こうなると、正確な査定価格は分かりませんよね。
こんな場合は、値引き金額と下取り金額を別記した見積を出してもらうように要求しましょう。
その上で、下取り金額が一般的な相場よりも低かったりした場合は、それを指摘し、査定金額や値引き額のアップなどの再交渉をしてみるのも賢いやり方だと思います。