査定額は変わってくるもの

乗り慣れた車を売却する際に、中古車オンライン査定と現在は呼ばれている目的に合った機能があります。足を運んで中古車買取店に行く必要はなく、自宅のネットで乗り慣れた車の査定をするための物です。
大体の査定金額を知りたい場合や数社を訪問したいけれど、時間の調節が難しいという人には大変便利でしょう。自宅での買取依頼を申し込んでいたとしても、必ずしも車の売買契約を結ぶ必要はないのです。

買取価格に満足いかなければ拒否することも可能です。
車買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、出張費用や査定費用などを要求してくるところもあるので、気を付けたほうがよいでしょう。
先に口コミのサイト等をチェックしてから出張買取をお願いするといいでしょう。
大切にしていた車を高く手放したいのなら、下取りではなく買取をお願いするようにしましょう。買取を選ぶほうがずっと得することが多いです。

それに、事故車や故障車を売却希望の折は、下取りの場合評価が低いため、得になるどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。

ただし、買取の場合は専門業者を選択すれば、正式に買取をお願いすることができます。

中古車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

そんなことのないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを取ってくるようにするのがおすすめです。しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と業者が車をちゃんと調べた上で出す査定額は変わってくるものですから、じゅうぶん注意しておくといいです。極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、査定額は格安にしてしまうという所謂悪徳業者もいるのが現実です。
業者によい評価を得るためにも査定前には、洗車を念入りにし、車内もきれいに掃除しておきましょう。
買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に気持ちを入れたくなるというものでしょう。

査定をネットで申し込むことに気後れを感じる

インターネットを使って中古車買取業者に査定をしてもらおうとすると、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が多く見られます。ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、査定をネットで申し込むことに気後れを感じる人もいるでしょう。

ただ、ここのところ、個人情報不要で車種や年式などの記入だけで使え査定額がどんな値段になるのか、大体のところを知らせてもらえるサイトも現れていますし、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。

業者が古い車の下取りをするのは、新しい車を購入してもらうためのサービスといってもいいでしょう。
中古車買取業者に、買取を頼んだ時のように、中古車のグレードや色、オプションなどの世間からの受けの有無は下取りの値段にはリフレクトされません。
業者に下取りに出すより先に、いくつかの中古車買取ディーラーの査定を受けて、レートを知っておいてください。

中古車買取業者で車の査定を受けたいと考えた時、簡単なのでそうしたくなりますが一つの会社だけに任せてしまってはいけません。どうしてかというと別の業者を利用していれば査定額がもう少し高くなってお得に売れていた可能性が高いからなのです。近頃ではインターネット上のサービスを使っていくつかの業者に同時におおまかな買取額を出してもらってざっと比較検討ができます。

少々手をわずらわせることになるかもしれませんが、多くの業者によって査定を受けておくと査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。

マツダで新車を買う場合、今持っているデミオのディーラー下取りという選択は誰でも考えますよね。

しかし、実はディーラーに下取りしてもらってしまうと、実は損になるケースがほとんどでしょう。

ディーラーは新車の販売がメインですから、下取り価格が高い値段になってしまうと、利益がその分減ることになります。

車査定と下取りのどちらがいいかと考えたとき、下取りのほうがいいと考えられる方もおられるでしょう。

確かに、下取りであれば買おうとする車を愛車を使って購入額から値引きが可能ですし、買取手続きも購入手続きも一括で行えて、便利です。
ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高い額をつけてもらえます。
一般に車を買い換えようという時には買取と下取りのどちらにするか選択する必要があるでしょう。

それでは一体どちらを選べばよいのでしょうか。

高く売りたい場合は、買取の方が良いでしょう。
買取と下取りの査定の仕方は大きく違い、買取の方が利用者にとってありがたい査定方法を用いて査定してくれます。

下取りだと気にされない部分も買取の時には価値を認められることもあります。車の買取の査定を一括でするには、インターネットで複数の車買取業者にまとめて査定を依頼できるサービスのことです。
一社一社に査定を依頼する場合、かなり時間がかかりますが、車の買取の一括査定を使うと、ほんの数分だけでいくつかの買取業者に依頼できます。

利用しないよりも利用した方が得だから、車を売ろうとする時は一括査定するようにしましょう。

買取を依頼してこちらに招いた場合でも、必ずしも車の売却に応じる必要性があるわけではありません。

買取価格が思いの外低ければ断れるのです。
車買取の一部の業者は、車を売るまで居座ったり、出張費用、査定費用などを要求する場合もあるので、注意しましょう。

事前に評判を収集してから出張買取の申込をしたほうがいいと思います。

ネットオークションで中古車を売買するなら

さて、先ほどのネットオークションとは別に、「中古車オークション」なるものが存在します。
(「オートオークション」や「業者オークション」と呼ぶ場合もあります)
これはいわば「中古車の卸売り市場」と呼べるようなもの。
魚市場や青果の「競り市」を思い浮かべて頂くと分かりやすいと思います。
中古車オークションには、その運営母体により、大まかに3つに分類できます。
★日本中古自動車販売協会連合会(JU系)……中小の中古車販売店の業界が運営する中古車オークション。古くからあるオークションで、会員数も多く、地域密着型の運営です。
★メーカーディーラー系……メーカー系のディーラーが運営する中古車オークションです。トヨタ系・ホンダ系などに代表されます。
★中古車オークション専業者……独立した資本が経営する民間の中古車オークション。中でも最大のUSS オークションは、東証1部にも上場されています。
また、最近では、会場の近代化も進んでおり、会場に足を運ばなくても、衛星やインターネットを通じて競りに参加できる中古車オークション会場も増えつつあります。
実をいうと、今現在流通している中古車のほとんどが、このオークションを経由していると言われています。
つまり、市場としては最も巨大な訳ですから、クルマを売る側からしたら、買い手も見つかりやすいと言えるのです。
しかし、残念なお知らせがあります。
このオークションに参加できるのは、会員資格のあるディーラーや中古車販売店、買取店などに限られます。
つまり、一般人は立ち入りできないのです。
でも落胆するのはまだ早いです。
実は、一般ユーザーでも、この中古車オークションでクルマを売却できる方法があります。
それは、「オークション代行業者」を利用することです。
一定の手数料を支払うことで、オークション代行業者があなたに代わって、愛車をオークションに出品してくれるのです。
必要な費用はケースによって異なりますが、以下のようなものです。
【オークション主催者に支払う経費】
出品料(出品するための費用)……約1~2万円。
成約料(落札された場合に支払う費用……)約1~2万円。
【オークション代行業者に支払う費用】
出品代行手数料……業者によって変わりますが、5万円前後が多いようです。
陸送費(オートオークション会場に車を運ぶための費用)……実費。距離にもよりますが、片道1~3万円くらいでしょうか。
さて、オートオークションで車を売るメリットですが、やはり「高価で売れる可能性がある」ということでしょうか。
需要の多いクルマなら入札も多く、価格が競り上がることが期待でき、予想外の高値となることもあります。
実際、中古車買取店の多くは、個人のユーザーからの買い取ったクルマを、このオークションで売却し、その差額で儲けているのです。
また、間に業者が入っていないので、経費を除いた落札金額がそのまま入ってくるのも魅力です。
これに対して、デメリットは何といっても「経費」です。
上に挙げた「出品手数料」は、クルマが売れても売れなくても支払わねばなりません。
たとえ入札がゼロだった場合でも必要なのです。
もし落札されなかった場合は、「再出品」か「車の引き上げ」を選択します。
再出品を選んだ場合、再度、出品料がかかります。
そして、車を引き上げる場合には、復路分の陸送費まで必要になるのです。
もしも、一度のオークションでクルマが売れず、何度か出品を繰り返すと、どんどん費用は膨れ上がります。
なので、オートオークションを利用して車を売却する場合は、一度の出品でクルマを売ってしまわないと、結果的に損をしかねません。
高額で売却したいがために、希望価格を高めに設定してしまうと、結果的に自分の首を絞めるような羽目になります。
落札されるように希望価格を調整して売却してしまうのが、懸命な選択です。

中古車オークション

【第三のオークション】
これまでに2種類のオークションについてご紹介してきました。
同じ「オークション」と称していても、それぞれ大きく異なる性質のものであることがご理解頂けたかと思います。
しかし、中古車のオークションはこれだけではありません。
先の二つを合体させたようなオークションがあるのです。
その特徴を名称にするのは難しいので、ここでは「第三のオークション」と呼ばせて頂きます。
まず簡単にシステムを説明すると、出品は誰でもOKで、手順もネットオークションと同じで簡単です。
しかし、落札する側は中古車業者に限定されているのです。
代表的なサイトとして、「グーオク」がありますので、この「グーオク」を例にとってご説明します。
グーオクは、オークションに出品するのは原則として個人ユーザーです。
そして、入札するのは中古車情報誌Gooに掲載されている中古車販売店です。
そういう意味では、誰に入札されるか分からないネットオークションに比べて、安心して取引を行うことが出来ます。
そして、クルマの陸送費や名義変更などは全て落札業者の負担ですので、入札者が費用を支払う必要はありません。
さらに出品は無料ですし、途中で出品をキャンセルする事も可能です。
また、もし万が一、何らかのトラブルになった場合でも、お客様センターが電話やメールで対応してくれます。
たとえば、こちらの説明不足で、落札後にので、安心して出品する事ができるのです。
出品方法は普通のネットオークションと同様ですので、普段からネットオークションで不用品などを売却されているような方なら、頭を悩ませるようなことはないと思います。
画像は20枚まで掲載できるので、できるだけ多くの写真をアップした方が印象としてプラスになるでしょう。
カッコいい写真も大事ですが、キズ・凹みがある場合はその部分も載せましょう。
商品説明文も同様です。
できるだけ詳細に、多くの情報を書きこんでください。
ナビやオーディオ、後付パーツなどのセールスポイントは勿論ですが、「ワンオーナー」・「女性オーナー」・「禁煙車」など、プラスになりそうな要素は大いにアピールしましょう。
また、事故歴などについても正直に書きましょう。

次に金額の設定です。
「最低落札価格」は必ず入力するようにしましょう。「一発落札価格」は、とくに希望額がない場合は入力の必要はありません。
最低落札価格さえ入力していれば、オークション開始価格は1円でも構いません。
スタート価格は安い方が入札される確率は高くなりますし、入札数が多くなればそれだけ注目されますので、開始価格は安い方が良いでしょう。
また、出品中に相手業者から質問があれば、速やかに答えるのもポイントです。
――実は、自分もひやかしで一度このグーオクに出品した経験があります。
「ひやかし」というと言葉は悪いですが、要は「高く買ってくれたら売却しよう」と思ったのです。
愛車の車検が近づいてきて、乗り換えるか、そのまま乗り続けるか思案していたのです。
本当はもう少し大きなクルマに乗り換えたかったのですが、買い換えるだけの資金がない。
一応、一括査定サイトで見積もりしてみたのですが、別のクルマが買えるだけの値は付きませんでした。
そんな時、このグーオクの存在を知り、「もし、相場よりうんと高い値段が付けば売ろう!」と思って出品したのです。
ネットオークションも考えましたが、出品料や、売却後の事も考えて、グーオクにしたのです。
そんな訳ですから、最低落札額は一般的な査定額の5割増し。
ダメモトの設定だったので、多くの入札はあったものの、結果としては自分の希望額に達することはありませんでした。
しかし、平均的な査定額に比べ、2割ほど高く入札してくれた業者もあったので、積極的に売る意思があったとしたら、きっと売却していただろうと思います。
実際にグーオクを利用してみた上での感想を言えば、売却額は中古車買取業者よりもやや上で、ネットオークションや業者オークションよりも下。
つまり、両者の中間といったところです。
メリットはやっぱり「簡単かつ安心」ということですね。
売却時の手続きや費用の心配がないのは大きいです。
デメリットを挙げるとすれば、入札資格がGoo掲載の中古車販売店に限られているため、他のオークションに比べて規模が大きいとは言えないことです。
また、これらの中古車販売店も、買い取ったクルマを業者オークションに転売することを前提で入札している場合は、さほど高い値段は付けられないのではないかと思われます。

オークションでの中古車売買するなら

002

あなたは「オークションで洋服を売買する」と聞くと、どんな風に思いますか?
きっと、ケータイやパソコンのネットオークションを思い浮かべるのではないですか?
では、「オークションで中古車を売買する」と聞くとどうですか?
同じように、ヤフオクや楽天オークションを利用する事を想像しましたか?
もしそう思った方は、残念ながら不勉強と言われても仕方ありません。
いや、一般常識としては間違っていませんが、クルマを高く売りたいと考えている方ならば、その程度の認識じゃ困ります。
ここでは、中古車売買で利用されるオークションについて、それぞれの特徴をご説明します。
【ネットオークション】
これについては前のページでも触れましたね。
ヤフオク・楽オク・モバオクなどで中古車を扱っています。
出品の仕方は、基本的に家電や、洋服、日用品などとほとんど変わりませんので、一度でも出品された経験がある方なら、さほど難しくはないと思います。
ただし、自動車の場合は、出品料などが割高になっている場合がありますので注意してください。
参考までに費用は以下のようになっています。
★ヤフオク……出品手数料2,940円(税込)×個数、落札手数料2,940円(税込)×個数。Yahoo!プレミアム会員費月額346円。
★楽天オークション……登録料・出品手数料無料、落札手数料落札金額の5.25%。
(取引完了後に落札者へ付与される楽天スーパーポイント 等 (1.05%)も出品者の負担)
★モバオク……出品手数料・落札手数料ともに無料。登録料月額315円。
ちなみに、自分も昔、ヤフオクで中古車を落札した事があります。
最初は中古車販売店で購入しようと思って検討していたのですが、中古車販売店の場合、記載された販売価格と実際の支払い総額にかなりの差がある事に気付いたのです。
車両本体価格は安くても、そこに税金などの諸費用が加わると、10万~20万円も上乗せされてしまいます。
税金などは仕方ないとしても、「整備費」などという名目で数万円も取られるのがどうにも納得いかなかったのです。
そこで、選択肢をネットオークションに広げたのです。
結果的には、中古車販売店の相場より2割ほど安い値段で購入できました。
最初はやはり心配でしたが、出品者が小規模とはいえプロの中古車店だったため、手続きもスムーズにいきました。
その時に気付いたのですが、ネットオークションに中古車を出品しているのは、個人よりもむしろ業者のほうが多いのでは? ……という事です。
勿論、実際に集計した訳ではないので、現実的にどちらが多いとは言えませんが、「ネットオークションは個人間の取引」だと思い込んでいた自分には、ちょっとした驚きでした。
でも考えてみれば、ネットオークションを利用すれば、へんぴな場所や無店舗でも中古車店が開業できる訳ですし、広告費なども要りませんから、合理的とは言えるでしょうね。
話は少し逸れてしまいましたが、今から思えば、自分がトラブルなく中古車を買えたのも、相手がプロの中古車店だったからだと思うのです。
名義変更も自分で手続きしたのですが、その際も丁寧にアドバイスしてもらえましたから。
仮に、相手が自分と同じような素人なら、こうはいかなかったと思います。
同時に、もし自分がネットオークションを利用してクルマの売却をするのであれば、最低限の知識は必要だと痛感しました。
もし落札者が、名義変更の事など何も分からない素人であっても、きちんとフォローできるくらいでないと、難しいのではないでしょうか。
いや、手続きに手間取るくらいならまだマシです。
落札したのが悪質なブローカーだったりしたら、それこそ笑い事では済みません。
こちらが素人だと分かったら、色々と難癖つけて、落札金額の値引きを強要されるなんて事態にもなりかねないのです。
ネットオークションの出品は実に簡単です。
画像をアップし、説明文を添え、スタート価格や最低落札価格などを決めるだけで、誰でもクルマを売ることは可能です。
しかし、後々の事をきちんと考えて出品しないと、要らぬトラブルの種になります。
前に述べたように、名義変更が完了するまで一時金を預かる旨。
落札後のキャンセルはペナルティを申し受ける旨。
支払いは現金の一括払いに限る旨。
それに加えて、後々のクレームを回避するためにも、クルマの現状に関して正直に記述しておく事が重要です。
事故歴は勿論ですが、傷や凹み部分の写真を添えるのも親切でしょう。
勿論、実車を確認してもらった上で入札してもらうのがベストです。
可能なら、「平日の○時から○時までに来て頂けたら試乗OKです」……という風にすれば相手も安心して入札してくれるでしょう。
しかし、一番肝心なのは落札された後。
名義変更がきちんと完了するまでは、決して気は抜けないのです。

個人売買はやめておいたほうが。。。

先ほども述べたように、名義変更の手続きが完了しない限り、自動車税の支払義務はずっと売り手側にあるのです。
口先だけで「名変しましたよ」と言って、実際は手続きをしない悪質な落札者がいれば、出品者に自動車税の請求がくるのです。
また、オークションに自動車を出品する場合は、所定の出品料がかかります。
落札後に連絡が取れなかったり、代金を支払わなかったりと、落札者の一方的な都合でキャンセルになった場合、出品者は丸損になります。
自衛手段として、オークションでクルマを売却する場合は、「名義変更が完了するまで、自動車税○○円を預かります」とか、「落札後のキャンセルは、違約金として○○円を頂きます」などと明記することをおすすめします。
このような個人売買でトラブルが起きた場合は、苦情を申し立てる場所がないため、基本的には個人同士で解決しなければなりません。
あまりこじれてしまうと、最終的には法的手段に訴えるしか道はなくなります。
そんな事態を未然に防ぐには、商品説明や売買手続きの際の注意点などを詳細に明記することが大切です。
また、売買が成立した時点で、書類の手続きや車両引渡し後のクレームなどの対応について、きちんとした契約書などを作成し、残しておくことも肝要です。
さて、この項でご説明した「オークション」とは、一般的なネットオークション。つまりヤフオクや楽天オークションの事ですが、中古車売買における「オークション」というのは、それとは全く異なる性質のものもあります。
この事を誤解されている方も多いと思うので、次のページでは様々なオークションの特徴について説明します。

中古車個人売買のメリット・デメリット

個人売買のメリットの最たるものは、「業者が間に入らない個人同士の取引なので、中間マージンが発生しない」ということです。
そのため、売り手は高く売却できますし、買う側も中古車販売店で買うよりも割安で購入できます。
おまけに個人間の売買ならば、消費税も課税されません。
余分な費用が削減できる分、お互いにお得感が得られるのです。
また、ドレスアップしたクルマなどは、ディーラーの下取りや買取専門店の査定では、あまり評価してもらえなかったり、逆にマイナス査定になるケースもあるのですが、それがセールスポイントになる事もあります。
エアロパーツを多く使ったり、こだわりのあるオーディオにお金を注ぎこんだクルマでも、「メーカー純正ではない」という理由で、一般的な査定には反映されない事も多いのです。

しかし、個人売買の場合は、クルマの値打ちを決めるのはあくまでも購入するユーザーです。
趣味さえ合えば、「おっ、このクルマ、良いねぇ!」となって、高い値段を付ける人もいるのです。
しかし、当然ながらデメリットもあります。
一番のデメリットは、売り手と買い手のトラブルです。
インターネットによる売買では、一度も現物を見る事もなく、説明文と画像だけで判断してクルマを購入する場合も少なくありません。
これがのちに様々なトラブルへとつながる危険性もあるのです。
写真と実車の印象が違っていたり、説明に書かれていたものと装備が異なっていたり、不具合に関する記述が充分ではなかったせいで、引渡し後にクレームが付いたり……
中古車販売店なら、苦情に対する対応にも慣れているでしょうが、売り手がズブの素人の場合はそうではありません。
対応が不適当なら、問題がますますこじれる事にもなりかねません。
それ以外でも、車両引き渡しの際の段取りのまずさや、書類の不備で手続きに手間取ったり……という具合にトラブルの原因は色々あります。
しかし、中でも最も多いのが、「名義変更に関するトラブル」ではないでしょうか。
商談がまとまり、クルマを引き渡すと、所有者が売り手から買い手に移ります。
そのためには「名義変更の手続き」が必要になってくるのです。
クルマを手放しても、名義変更が行われない限り、自動車税の支払義務は引き続き、売り手側にあります。
それに、万が一その車で交通違反をされたり、事故でも起こされると、責任まで追求されかねません。
そのような事態を避けるため、売り手は名義変更に関しては厳重に確認せねばなりません。
名義変更の手続きは、売り手・買い手のどちらが行なうという決まりはありません。
しかし、オークションなどでは一般的に、買い手が手続きすることが多いようです。
ただし、これはあくまで一般的な話。交渉の際に、どちらが名義変更手続きを行うかの取り決めをしておきましょう。
名義変更の手続きに必要な書類は、印鑑証明や実印を捺印された委任状などです。
これらはとても重要な書類ですので、委任された方は責任を持って管理・手続きを行わなねばなりません。
これらの委任状や譲渡証明書などは、委任する前に依頼者側が必要事項を記入しておく事をおすすめします。
委任状や譲渡証明書には、車体番号などを記載する必要があります。
これを事前に記入しておくことによって、他の目的で使用される事が防げるからです。
双方が売買に同意し、買い手側が手続きを行うケースでは、売り手が一時金を預かるのもトラブルの防止に役立ちます。
この一時金は、名義変更が終わった事が確認された時点で、買い手に返却するか、車両代金の一部としてそのまま受け取ります。

愛車を手放すときに知りたい事

あなたが現在の愛車を手放す事になったのには、きっと何らかの「事情」がありますよね?
今のクルマに飽きて、新しい車に買い換えたくなった時。
子供ができて、大きいクルマが必要になった時。
維持費が高いので、エコカーに換えようかと思った時。
引越しして、自動車が必要でなくなった時。
結婚して、クルマが二台になってしまった時。
……など、さまざまな事情があるでしょう。
この他にも、急にお金が必要になった時……なんていう理由もあるかも知れません。
ただ、理由は人それぞれでも、一つだけ共通している点があるのです。
それは、「できるだけ高く売りたい」という事です。
今まで乗っていたクルマが、少しでも高く売れれば、新しく買うクルマをグレードアップできたり、新生活を送るため資金や、お小遣いになったりもするからです。
それに、何より今まで大切に乗ってきた愛車が、アホみたいに安い値段でしか売れなかったら悲しいじゃないですか。
そんな思いをしたくないと思う方は、賢いクルマの売却方法を学ぶ必要があるのです。
「知らない」=「損をする」というのが、現代日本の常識です。
情報弱者になって泣きを見る前に、このサイトを読んで、知識を身に付けてくださいね。
さて、それでは具体的にどんな事をすればいいのでしょう?
まず第一にとるべきアクションは、「自分の愛車の価値を把握する」という事です。
たとえば、あなたがいくら「このクルマは気に入ってたから100万円で売りたい!」と主張しても、実際の買い取り相場が50万円なら、どうしようもありません。
でも、何の情報も知らず、勉強もしなければ、相場の平均よりずっと安い値段で買い叩かれる事もあるのです。
ですから、まず売りたいクルマの買取価格を把握するのが第一歩。
大体の相場価格を知らないと、上手な交渉はできませんから。
それに加えて売却方法。「どういう手段で売ればいいか?」ですね。
次に売却時期。つまり「いつ売ればいいのか?」
……というような事が重要になってくるのです。
それでは、クルマの買取価格を調べるにはどうすればいいでしょう?
一番簡単なのは、ネットで調べる方法です。
「クルマ 下取り 相場」などと入力して検索すると、中古車の買取相場が閲覧できるサイトがいくつか見つかるでしょう。
この「一括査定サイト」については後に詳しく触れますので、ここではまず買取相場を調べるだけにしておきましょう。
それ以外でも、中古車の雑誌にも若干情報が載っていると思うので、それらを読んで、とりあえず、愛車のおおよその買取価格だけは事前に把握しておきましょう。
大抵の場合、その価格は、「30万円~100万円」……という具合にかなりの幅があると思います。
そうです。中古車というものは、たとえ同じ年式・グレードのクルマでも、様々な条件によって、買取価格に相当な差が生じてくるのです。
さて、そうやって愛車のおおよその価値を把握したら、次は「どこに売却すればいいか?」という事になってきます。
次のページでは、様々な売却方法についてご説明します。

愛車を売却するなら!

157

あなたは愛車を売却した経験はありますか?
きっと、そこそこ運転歴がある方なら、一度や二度はあるんじゃないでしょうか?
普通、今まで使ってきた品物を売るというのはちょっと抵抗がありますよね。
昔の洋服や古本、家電なんかを買取店に持っていったという人は案外少ないような気がします。
近頃はネットオークションが流行っているので、抵抗がない人も増えているのでしょうが、それでも自分が使った物を他人に売る事に消極的な人は、まだまだ多いようです。
ただし、「例外」もあります。
それは「家」と「自動車」です。
その二つに関しては昔から、売ったり、下取りに出すのが当たり前でした。
「家」と「自動車」の共通点と言えば、まず「価格が高い」ということが挙げられます。
あと、「勝手に捨てられない」という理由もありますね。
まぁ、捨てられない物は放置しておけばいいんですが、この二つに関しては放ったらかしておいても「税金」がかかるんですよね。
そんな事情もあって、「不要になったら売却する」というのが常識になったのではないでしょうか。
したがって、クルマを売却するのに抵抗感がない人は多いと思うのですが、いざ、「どうやって売却するか」という段になると、あまり深く考えないのではないでしょうか?
きっと、新しいクルマを買う際に、下取りに出して終わり……という人も多いでしょう。
それはまずいです。
非常に、まずいです。
だって、クルマを買う時は散々考えるでしょ?
新車なら性能やデザイン、燃費……自動車専門誌を買ったり、ショールームに行ったりして幾つかの候補の中から購入するクルマを決めて、ディ-ラーに足を運んで値引き交渉したりしますよね?
中古車の場合なら、もっと神経質に吟味するでしょう。
走行距離や事故歴。
ボディの傷や室内の汚れをチェックして、実際にエンジンをかけて試乗して異音がないかを確かめてから購入を決めますよね?
にもかかわらず、クルマを手放す時は何も考えないんですか?
それってやっぱりおかしいでしょう。
よく考えてみてください。