査定額は変わってくるもの

乗り慣れた車を売却する際に、中古車オンライン査定と現在は呼ばれている目的に合った機能があります。足を運んで中古車買取店に行く必要はなく、自宅のネットで乗り慣れた車の査定をするための物です。
大体の査定金額を知りたい場合や数社を訪問したいけれど、時間の調節が難しいという人には大変便利でしょう。自宅での買取依頼を申し込んでいたとしても、必ずしも車の売買契約を結ぶ必要はないのです。

買取価格に満足いかなければ拒否することも可能です。
車買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、出張費用や査定費用などを要求してくるところもあるので、気を付けたほうがよいでしょう。
先に口コミのサイト等をチェックしてから出張買取をお願いするといいでしょう。
大切にしていた車を高く手放したいのなら、下取りではなく買取をお願いするようにしましょう。買取を選ぶほうがずっと得することが多いです。

それに、事故車や故障車を売却希望の折は、下取りの場合評価が低いため、得になるどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。

ただし、買取の場合は専門業者を選択すれば、正式に買取をお願いすることができます。

中古車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

そんなことのないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを取ってくるようにするのがおすすめです。しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と業者が車をちゃんと調べた上で出す査定額は変わってくるものですから、じゅうぶん注意しておくといいです。極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、査定額は格安にしてしまうという所謂悪徳業者もいるのが現実です。
業者によい評価を得るためにも査定前には、洗車を念入りにし、車内もきれいに掃除しておきましょう。
買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に気持ちを入れたくなるというものでしょう。

スタッドレスタイヤは査定にマイナスになる!?

車を売る場合に買取と下取りのどちらにすれば得かというと、高く売ることを狙うなら買取です。

下取りの場合は買取よりも安く手放さざるを得なくなるでしょう。下取りの場合、評価されない部分が買取においてはプラスになることも多いです。

特に事故車を売却する際は、下取りの場合評価が非常に低く、廃車のための費用を請求される場合もあります。

車の査定を受けることになって、その前に、傷などを修理するべきかどうか判断できないケースもありそうです。一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、直しておくにこしたことはありませんが、あまり修理にこだわらなくても結構です。なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされても修理にかかるお金の方が間違いなく高くつくからで、もう修理はせずにありのままで.プロの査定を受けてしまうのが良いです。

インターネットを使うことで、車査定のおおよその相場が分かります。

中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、車の買取価格の相場が調べられます。

相場を調べておくと、安く売ってしまって損することもないので、予めよく確認をしましょう。
しかし、車の状態によって変わってしまうので、必ず相場の通りに売れるとは限りません。

うっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというともちろん、査定は受けられるのですが、車検を通っていない車は公道を走ると法に触れますので、どうしても出張査定を利用することになります。

実際のところ車検をちゃんと通してから売却しようとするより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、ここは迷わず出張査定を受けるべきでしょう。

そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにするとより良い結果につながるでしょう。

中古車の査定についてよく言われることですが、査定を一社に任せてはいけない訳はそこではない別の業者を選んで利用していればもっと高い査定額がついてお得だった可能性があるためです。ここ数年のことですがネットを使って容易にいくつかの業者に同時におおまかな買取額を出させてどこが一番高く買ってくれそうなのかがわかります。

少々手間はかかるでしょうが、多数の業者による査定を受けておくことで結局は査定額アップに繋がってくることでしょう。
自動車の査定をするときには、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。
意外かもしれませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるでしょう。使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤも車とともに買取を行ってもらえる場合も出てきますが、溝が走り過ぎてない状態だと、逆に処分のためにお金を払う必要があるかもしれません。中古車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。

愛着のある車を安く買われてしまっては無念ですから、そうならないよう、とにかくいくつかの業者に見積もりを取ってくるようにするのがおすすめです。

しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と業者が車を見て実際に出す査定額とは大体において異なることが多いため、そこは気を付けておきましょう。

極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるような悪意のある業者も少数ながら存在しています。
中古の車を売る際に、中古車オンライン査定と現在は呼ばれている目的に合ったサービスがあります。

時間をかけて中古車買取店に行かなくても、在宅中にネットで中古車の査定をすることができます。

大まかで良いので査定金額を知りたい場合や数社を訪問できればいいですが、時間の調節が難しいという人には自分のイメージした結果を手に入れられるでしょう。

オークションのデメリット

043
もう一つのデメリットとしては、「落札者からのクレーム」もあります。
もし、落札後に車の不具合や申告漏れ、メーター改竄などが発覚すれば、オークションの規約により、ペナルティがオークション代行業者に課せられます。
その場合、結果としてあなたがペナルティを負担するという事態になる可能性もあります。
仮に高価で売却できたとしても、それまでに何度も再出品したり、後からペナルティを課せられたりすれば、最終的には大損となってしまうことも考えられます。
このように、オートオークションを賢く利用するなら、「高確率で落札される」ということが重要です。
高年式のクルマや、根強い人気のあるクルマがおすすめです。
逆に、不人気車や、古いクルマなどは向かないかも知れません。
ひとつ頭に入れておいて欲しいのは、オークション代行の手数料が「定額制」の業者と、「歩合制」の業者があるということです。
たとえば、定額制なら「一律5万円」。
歩合制なら「落札価格の5パーセント」。
……などという具合に設定されています。
先ほども述べましたが、高価値のクルマは中古車オークションで売却するのに有利です。
しかし、歩合制の手数料を徴収する代行業者に依頼すれば、売却価格が高い分、余分な経費がかさむので注意が必要なのです。

個人売買はやめておいたほうが。。。

先ほども述べたように、名義変更の手続きが完了しない限り、自動車税の支払義務はずっと売り手側にあるのです。
口先だけで「名変しましたよ」と言って、実際は手続きをしない悪質な落札者がいれば、出品者に自動車税の請求がくるのです。
また、オークションに自動車を出品する場合は、所定の出品料がかかります。
落札後に連絡が取れなかったり、代金を支払わなかったりと、落札者の一方的な都合でキャンセルになった場合、出品者は丸損になります。
自衛手段として、オークションでクルマを売却する場合は、「名義変更が完了するまで、自動車税○○円を預かります」とか、「落札後のキャンセルは、違約金として○○円を頂きます」などと明記することをおすすめします。
このような個人売買でトラブルが起きた場合は、苦情を申し立てる場所がないため、基本的には個人同士で解決しなければなりません。
あまりこじれてしまうと、最終的には法的手段に訴えるしか道はなくなります。
そんな事態を未然に防ぐには、商品説明や売買手続きの際の注意点などを詳細に明記することが大切です。
また、売買が成立した時点で、書類の手続きや車両引渡し後のクレームなどの対応について、きちんとした契約書などを作成し、残しておくことも肝要です。
さて、この項でご説明した「オークション」とは、一般的なネットオークション。つまりヤフオクや楽天オークションの事ですが、中古車売買における「オークション」というのは、それとは全く異なる性質のものもあります。
この事を誤解されている方も多いと思うので、次のページでは様々なオークションの特徴について説明します。

愛車の下取りディーラーが一番良いわけではない。

まあ、バレたら懲戒モノでしょうが、かなりの小遣い稼ぎになったそうです。

そんな事ができたのも、客が愛車の下取り価格に無頓着な時代だったからですよね。
今じゃ、みんなお金にシビアですから、到底不可能だとは思いますが……。
さて、先程「下取りはサービスの一環」と言いましたが、これに関しては若干誤解されている方もいるだろうと思います。
つまり、「クルマを買ってあげるのだから、普通より高く査定してもらえるだろう」という風に勘違いしている人が未だに多くいるのです。
しかし、よく考えてみてください。あなたの愛車を下取りした自動車ディーラーは、その車が転売できなければ、あなたに販売した新車や中古車の利益を回収出来ない訳なんですよ。
となると、ディーラー側とすれば、販売代金を回収するために、それ相応の手間や費用(整備費・広告費・人件費・税金など)も必要になってきます。
したがって、あまり高く下取りすると、「クルマが売れたのはいいが、全然儲けはなかった」なんて事態になりかねません。
ですから、ディーラーの下取り価格が、買取業者の査定価格よりも高くなるなんて事は、実際問題、あまりない事だと頭に入れておいたほうがいいでしょう。
また、ディーラーによっては、値引き金額と下取り金額をミックスした見積書を出してくるケースもあります。
こうなると、正確な査定価格は分かりませんよね。
こんな場合は、値引き金額と下取り金額を別記した見積を出してもらうように要求しましょう。
その上で、下取り金額が一般的な相場よりも低かったりした場合は、それを指摘し、査定金額や値引き額のアップなどの再交渉をしてみるのも賢いやり方だと思います。

愛車を下取りしてもらうには

クルマの「下取り」とはどんな仕組みでしょう?

下取りというのは、新たなクルマ(新車および中古車)を買う際に、現在乗っている愛車を、支払い代金の一部として引き取ってもらう事を指します。

ひと昔前は、クルマを買換える時はこの方法が一般的でした。
しかし、近年では車の買取りを専門に扱う業者が増えていますので、クルマを購入したディーラーなどに下取りに出さず、この種の業者を利用する人も多いようです。

中古車の買取専門店は、二十年くらい前から全国で増え始め、現在では新車ディーラーや、中古車販売店に匹敵するほど店舗数を増やしています。

テレビやラジオなどのCMでも、かなりの頻度で中古車の買取専門店の名前を耳にしますよね。
しかし、いくら宣伝に力を入れたからといって、それが直接、買取業者を利用する人が増えた要因となった訳ではありません。
買取専門店が隆盛を誇っているのには、明確な理由があるのです。

今までなら、「クルマの購入→売却」という手続きが一度で済んでいたのに、購入店と売却店が別々なら二度手間になります。
わざわざそのような面倒をしてまで、なぜ買取店に持ち込む人が増えたのでしょう?

その理由は、「そのほうが得」だからです。
たとえば、新車のディーラーなどは、あくまでも「新車を販売する」のを生業としています。
けっして「客から安い値段下取りしたクルマを、高く売って利鞘を得る」ということを優先的に考えてはいないのです。
勿論、引き取ったクルマを中古車として販売しているディーラーもありますが、そんな店でも買取専門業者ほど買取りに積極的ではありません。
新車ディーラーにとって、下取りはあくまでも「サービスの一環」という意識が強いのです。
たとえ、人気のあるクルマだからといって、高額で下取りしてくれるとは限らないのです。
それならば、複数の買取専門店に査定依頼をしたほうが、高い査定金額が付く可能性が高いということになります。
このような理由から、専門業者を利用する人が増えているのです。
しかし、「下取り」という制度は絶対的に損なのかというと、一概にそうとも言えません。
なぜなら、中古車買取店では、「売れること」を前提にしているので、市場価値のない車は引取ってくれません。

しかし、新車ディーラーなどは、「値引き」という意味合いで、査定がゼロのクルマだったとしも数万円で引き取ってくれる場合もあります。
ですから、買取り専門店で査定ゼロと言われるようなクルマの場合は、ディーラーで引き取ってもらう方が得するケースもあるのです。
ただし、まだまだ価値のあるクルマの場合は、下取りと買取の両方に査定を依頼して、一番高く査定してくれた会社に売却するのが賢い方法だと思います。
これは余談ですが、自分の友人が昔、国産車ディーラーに勤めてる時、お客さんから安く下取りしたクルマをこっそり中古車屋に横流ししてました。

愛車を売却する時にお得な方法

それでは、愛車を売却するのにはどんな方法があるのでしょう。
おおまかに分類すると、以下のようなものがあります。

①下取り
②個人売買
③オークション代行
④買取専門店

どんな方法がベストなのかは一概には言えません。
それぞれに一長一短があるからです。
まずは簡単に、どんな特徴があるのかをご説明していきます。
まず、①の下取りですが、これはある程度年配の方なら、一番馴染みのあるやり方だと思います。
昔は、新車を買う時は、そのディーラーに古いクルマを引き取ってもらうのは当たり前でしたからね。
この方法の一番のメリットは、「手続きが簡単」ということです。
今でいうと、デジタルテレビを購入して、その電器店に古いアナログテレビを引き取ってもらうような感じですね。
欲しいクルマを決めたら、納車と同時に今まで乗っていた愛車を引き取ってくれるのですから、お客の側からすれば、面倒な手続きはほとんどありません。
昨日までガレージにあった古いクルマが、新しいクルマに入れ替わっただけの話です。
勿論、客が楽な分、ディーラーが面倒な手続きを全てやっているわけですから、その分の手数料もしっかり取られているわけですが。

193

デメリットといえば、あまり高い値段では引き取ってくれない場合が多いことです。
ただし、面倒臭がり屋さんには最適の方法ではあります。
②の個人売買ですが、これは自動車雑誌の「売ります・買います」欄や、個人売買サイトを利用したり、ネットオークションに出品したりして、プロの業者を介せず売買するものです。
実際には、この方法が一番高く売れる可能性があります。
なぜなら、中間マージンが一切発生しないからです。
他の方法の場合、引き取ったクルマは、再度誰かに転売するのが普通です。
たとえば、中古車オークション会場に出品する業者もあるでしょう。
そうなると、買取価格にいくらか上乗せした価格を設定しないと利益は出ません。
また、自店に販売網を持っているディーラーや中古車買取業者でも、そのクルマを店頭に並べるまでには整備費などの費用がかかるのです。
そんな事もあって、あなたが20万円で売却したクルマが、次のユーザーの元に届く時は50万円になってたりする訳です。
しかし個人売買なら、50万円で欲しい人がいれば、その人に直接50万円で売ればいいのです。
デメリットとすれば、お互いに素人なので、書類手続きが円滑にいかなかったりすることですが、それをいい事に悪事をたくらむ輩もいるので注意が必要です。
また、現状渡しの場合は、引渡し後の故障などのトラブルなども挙げられます。
③のオークション代行ですが、この場合の「オークション」とはヤフオクなどと違い、自動車関連業者だけが利用できるオークションを指します。
そもそも、中古車市場に出回っているクルマの多くは、この「中古車オークション会場」で取引されているのです。
基本的に一般人は立ち入り禁止ですが、「オークション代行業者」なるものに依頼すれば、個人でも中古車の出品が可能です。
当然、オークションですから、落札者がいなければ売却できません。
あまり法外な値段を設定したら売れ残るでしょうし、もし売れた場合でも、売却金額の数%の手数料をオークション代行業者に支払わねばなりません。
手数料は歩合ですから、クルマの売却金額が高くなればなるほど手数料も高額になります。
下手すると、買取専門店に売却した方がトクだった……なんてケースにもなりかねませんので注意が必要です。
④は中古車買取専門店に売却する方法です。
昨今では、一番メジャーなやり方といえるのではないでしょうか?
その証拠に、店舗数が飛躍的に増加し、広告もやたら目にしますよね。
これは、実際に愛車を査定してもらい、算定した買取り価格に同意すれば、売却するというものです。
なお、査定方法には、自分がクルマを直接買取り業者に持ち込む場合と、自宅に査定員に来てもらう場合があります。
基本的に、それらの査定に関する費用は、一切かかりません。
また、最近では「一括査定サイト」というのもありますので、インターネット環境のある方なら、利用してみるのもいいでしょう。
「無料で多くの業者に査定してもらえる」というのがメリットですが、逆に言えば、業者選びが最重要課題になってきます。
……このように、クルマの売却手段は様々な選択肢があります。
次のページからは、それぞれの方法について、詳しく述べていきたいと思います。
Tags: オークション, オークション代行, 一括査定, 下取り, 中古車, 個人売買, 売却, 査定, 車

愛車を手放すときに知りたい事

あなたが現在の愛車を手放す事になったのには、きっと何らかの「事情」がありますよね?
今のクルマに飽きて、新しい車に買い換えたくなった時。
子供ができて、大きいクルマが必要になった時。
維持費が高いので、エコカーに換えようかと思った時。
引越しして、自動車が必要でなくなった時。
結婚して、クルマが二台になってしまった時。
……など、さまざまな事情があるでしょう。
この他にも、急にお金が必要になった時……なんていう理由もあるかも知れません。
ただ、理由は人それぞれでも、一つだけ共通している点があるのです。
それは、「できるだけ高く売りたい」という事です。
今まで乗っていたクルマが、少しでも高く売れれば、新しく買うクルマをグレードアップできたり、新生活を送るため資金や、お小遣いになったりもするからです。
それに、何より今まで大切に乗ってきた愛車が、アホみたいに安い値段でしか売れなかったら悲しいじゃないですか。
そんな思いをしたくないと思う方は、賢いクルマの売却方法を学ぶ必要があるのです。
「知らない」=「損をする」というのが、現代日本の常識です。
情報弱者になって泣きを見る前に、このサイトを読んで、知識を身に付けてくださいね。
さて、それでは具体的にどんな事をすればいいのでしょう?
まず第一にとるべきアクションは、「自分の愛車の価値を把握する」という事です。
たとえば、あなたがいくら「このクルマは気に入ってたから100万円で売りたい!」と主張しても、実際の買い取り相場が50万円なら、どうしようもありません。
でも、何の情報も知らず、勉強もしなければ、相場の平均よりずっと安い値段で買い叩かれる事もあるのです。
ですから、まず売りたいクルマの買取価格を把握するのが第一歩。
大体の相場価格を知らないと、上手な交渉はできませんから。
それに加えて売却方法。「どういう手段で売ればいいか?」ですね。
次に売却時期。つまり「いつ売ればいいのか?」
……というような事が重要になってくるのです。
それでは、クルマの買取価格を調べるにはどうすればいいでしょう?
一番簡単なのは、ネットで調べる方法です。
「クルマ 下取り 相場」などと入力して検索すると、中古車の買取相場が閲覧できるサイトがいくつか見つかるでしょう。
この「一括査定サイト」については後に詳しく触れますので、ここではまず買取相場を調べるだけにしておきましょう。
それ以外でも、中古車の雑誌にも若干情報が載っていると思うので、それらを読んで、とりあえず、愛車のおおよその買取価格だけは事前に把握しておきましょう。
大抵の場合、その価格は、「30万円~100万円」……という具合にかなりの幅があると思います。
そうです。中古車というものは、たとえ同じ年式・グレードのクルマでも、様々な条件によって、買取価格に相当な差が生じてくるのです。
さて、そうやって愛車のおおよその価値を把握したら、次は「どこに売却すればいいか?」という事になってきます。
次のページでは、様々な売却方法についてご説明します。

愛車を売却するなら!

157

あなたは愛車を売却した経験はありますか?
きっと、そこそこ運転歴がある方なら、一度や二度はあるんじゃないでしょうか?
普通、今まで使ってきた品物を売るというのはちょっと抵抗がありますよね。
昔の洋服や古本、家電なんかを買取店に持っていったという人は案外少ないような気がします。
近頃はネットオークションが流行っているので、抵抗がない人も増えているのでしょうが、それでも自分が使った物を他人に売る事に消極的な人は、まだまだ多いようです。
ただし、「例外」もあります。
それは「家」と「自動車」です。
その二つに関しては昔から、売ったり、下取りに出すのが当たり前でした。
「家」と「自動車」の共通点と言えば、まず「価格が高い」ということが挙げられます。
あと、「勝手に捨てられない」という理由もありますね。
まぁ、捨てられない物は放置しておけばいいんですが、この二つに関しては放ったらかしておいても「税金」がかかるんですよね。
そんな事情もあって、「不要になったら売却する」というのが常識になったのではないでしょうか。
したがって、クルマを売却するのに抵抗感がない人は多いと思うのですが、いざ、「どうやって売却するか」という段になると、あまり深く考えないのではないでしょうか?
きっと、新しいクルマを買う際に、下取りに出して終わり……という人も多いでしょう。
それはまずいです。
非常に、まずいです。
だって、クルマを買う時は散々考えるでしょ?
新車なら性能やデザイン、燃費……自動車専門誌を買ったり、ショールームに行ったりして幾つかの候補の中から購入するクルマを決めて、ディ-ラーに足を運んで値引き交渉したりしますよね?
中古車の場合なら、もっと神経質に吟味するでしょう。
走行距離や事故歴。
ボディの傷や室内の汚れをチェックして、実際にエンジンをかけて試乗して異音がないかを確かめてから購入を決めますよね?
にもかかわらず、クルマを手放す時は何も考えないんですか?
それってやっぱりおかしいでしょう。
よく考えてみてください。