楽天オートとカービューの比較

楽天オートは自動車の一括査定サイトとしては後発組ですが、
日本一を誇る「楽天会員の数」を武器にここ最近急成長を遂げている査定サイトです。

会員が多いため、登録している買取業者数も多くなっています。
そのため、買取業者は競合他社よりも高く買い取ろうとする傾向が強いのが特徴的です。

このように、楽天オートは高額査定が出やすいと評判なのですが、
実はそれ以上に嬉しい特典が「楽天ポイント5000円分」。
楽天オート経由で査定してもらった買取業者に、あなたの愛車を売却することが決まると、
楽天市場で使える5000円分のポイントがもらえちゃうんです。※楽天会員の場合に限ります。
カーグッズに使うのはもちろん、他のあらゆる買い物に使えますので嬉しいですね。
楽天会員でない場合はソフトバンクグループのカービューもポイントは付きませんが、
高値が出やすくて評判です。会員登録が面倒な場合はご活用ください。やはりネット会社が強いです。
>>カービュー

愛車の相場は、他のネットサイトでも確認できますが相場は毎日変動します。
震災前と震災後では大きく違う車種もあるそうです。
具体的な買取価格を知りたい場合は楽天オートがお得ですよ^^

一括査定の申込は5分もかからずできますよ。

中古車の買取相場を調べるなら、楽天オートがおすすめです!

★オススメの理由★
① 高額査定が出やすいと評判!
② 買取業者の登録数が業界トップクラス!
③ 楽天ポイント5000円分がもらえる!

事故車も買い取ってもらえるの??

事故車とは、単に傷がついた車のことではありません。
もはやぶっ壊れてしまい動かすことができない車のことを言います。

事故車はお金を払ってスクラップしてもらうしかないと思ってませんか?
実は事故車は結構な値段っで買い取ってもらえることをご存知ですか?

わざわざお金を払って廃車にする前に、
まずはカービュー事故車の一括無料査定がおすすめですよ。

不幸中の幸い、事故車を引き取ってもらいましょう!

ホンダの会社概要

自動車メーカー
HONDA
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう)は、1946年に本田宗一郎が設立した「本田技術研究所」から始まりました!!
スズキ、ダイハツ、日産、三菱などの自動車メーカーを追い越し再び2位へ返り咲きしました。
ホンダの代表する車はなんといっても、フィットやオデッセイでしょう。
これらが大ヒットしました!!そしてこれらの車で地位を高めてきたホンダといっても過言ではありません!!

ホンダはかっこよくスタイリッシュな車として若い方からの支持があるイメージでしたが、ハイブリットを搭載したインサイトの実現販売により年配からの支持も受けています。

日産自動車の人気車種

以前は商品開発が苦手分やで伸び悩んだ日産。
しかし近年一新し、未来ECOカーの電気自動車の発売で注目を集めています。
もちろん買取も期待されています!!
日産はトヨタと常に国内のトップシェア争いをしてきたメーカーです。

以前日産にはスカイラインやフェアレディZなど、時代を象徴する名車がありました!!これに乗るためにとっても夢見た往年のファンも多いのです!!
低迷し、経営危機から1999年にはルノーと資本提携し、カルロス・ゴーンCEOのもと、最近では、日本初の電気自動車リーフの発売で今後の動向が期待されています!!!

現在、買取で日産の人気車種は、
キューブ:室内空間が魅力!!
マーチ:コンパクトカー!!
セレナ:ミニバン販売台数日本一!!
モコ:低燃費、ハイト系軽ワゴン!
エルグランド:高級ミニバン!!
そして・・・。
ここで!!日産の現在の中古車査定・見積りNO.1・2の車を紹介!!
それは 
NO.1
日産 モコです!!
<特徴>
・エンジンとCVTの効率をさらに高めることで、日産が誇るNエンジン車の燃費が23km/Lに向上したのはとっても魅力的。
・さらに、アイドリングストップ装着車に改良が施され、ブレーキを踏んで時速10km以下まで減速するとエンジンがストップするシステムになっています。
・燃費性能が27km/Lに向上していたと言われているとっても低燃費です。
上質感が追求されたハイト系軽ワゴンで、スズキのMRワゴンのOEMモデルです。
・日産軽の主力モデルとなるハイト系の軽ワゴンの3代目になっています。三菱の合併で軽自動車にも力を入れるそうです。
・コンセプトについては、上質で心地よい私のための新しい空間です!!

NO.2
日産 プレサージュ!
<特徴>
・プラズマクラスターイオンフルオートエアコン搭載、空気がきれい!!
・運転席・助手席についているSRSサイドエアバッグシステム、
・SRSカーテンエアバッグシステムがなんと、標準装備化。
・HDDナビ(カーウイングス)装着車には、簡単便利、ETCユニットが標準装備されています。

車を売るなら!!

193

単に「中古車買取専門店」と聞いても、あまりピンとこない人もいるでしょうね。
しかし、具体的な社名を挙げてみるとどうでしょう?
「ガリバー」、「ユーポス」、「t-up」、「ラビット」、「カービュー 」、「カーチス」、「アップル」……
おそらく、一度は耳にした事のある名前ばかりじゃありませんか?
これらの社名はテレビやラジオのCMや新聞・雑誌の広告、ネットのバナー広告などで目にしない日はありません。
幹線道路を走っていても、これらの店舗を頻繁に見かけますよね。
勿論、それらは全てメジャーなチェーン店。これ以外にも、小さな買取業者は全国に多数存在します。
とくに近年、これら中古車買取業者の台頭が顕著です。
どうしてこんな事になったのでしょう?
単純に言えば「中古車の需要が増加しているから」なんです。
上に挙げた会社の中でも、元々は中古車販売をメインとしていた会社も少なくありません。
しかし、今では揃いも揃って中古車買取のほうに力を入れています。
中古車の需要が高まっている要因については、まず第一に「不景気」という事があげられます。
新車の販売が伸び悩んでいる分、中古車の販売数が伸びているのです。

そしてその背景には、今の乗用車、特に国産車の頑丈さもあるでしょう。
昔は「乗用車の寿命は十万キロ」と言われたものです。
これは、タイミングベルトの交換時期の目安が十万キロだったために、そう言われていたのです。
勿論、タイミングベルトさえ交換すればまだまだ乗れたのですが、ほとんどの人々はそれ以前に新しいクルマに乗り換えるのが一般的でした。
今から考えると、もっと走れるのにスクラップにするなんて、実に勿体無い話ですよね。
実際、日本国内で廃車にされたクルマが、海外でバリバリ現役で走ってる……なんて事はごく当たり前の光景です。
元来、日本の自動車というものは、世界一優秀な工業製品なのです。
それに加え、最近の国産車は、ゴム製のタイミングベルトではなく、チェーン式のタイミングベルトを採用するタイプが増えてきました。
したがって、「十万キロになると、どんなクルマでも査定価値は0円」……なんて言われる事も少なくなりました。
勿論、走行距離は少ないに越した事はありませんが、少なくとも「十万キロの呪縛」が解けた事によって、多走行のクルマの需要が増えたのも事実です。
中古車買取業者が増えた理由には「インターネットの普及」という要因も大きいでしょう。
以前なら、下取り以外の方法で中古車を売却しようと思えば、まず、電話帳などで中古車を買い取ってくれる業者を探し、電話でアポを取って車両を持ち込み、査定してもらった上で、買取金額を交渉する……というのが普通でした。
もし、買取価格に納得いかなかったら、また別の業者を探して、同じ行程を経なければなりません。
とはいえ、中古車買取業者の数も今ほど多くなかったので、結局は向こうの言い値で泣く泣く愛車を手放した……なんて人も多かったのではないでしょうか?
しかし、ネットの普及で状況は一変しました。
そもそも、中古車買取業者というのは、二十年以上前から存在していました。
しかし、あまり普及しなかったのは、その査定・売買方法が、ユーザーにとってお世辞にも便利なシステムとは言えなかったからです。
当時は「査定」といえば、「実車査定」が当たり前。
つまり、自分で運転して買取店にクルマを持ち込まなければならなかったのです。
それが面倒だから、多少買取価格が安くてもディーラーに下取りに出すケースが多かったんですよね。
そんな時、誕生したのが、「中古車一括査定」というシステムです。
簡単・便利なこのシステムのおかげで、今まで何も考えずに愛車を下取りに出していたユーザーが、中古車買取店を利用するようになったのです。
「自分の愛車の情報を入力するだけで、おおよその買取価格が分る」
……これはかなり画期的なことだったのです。
今ではクルマを売却しようと思えば、まず最初に「一括査定サイト」を利用するのが常識となっています。
ご存知ない方のために簡単に説明すると、インターネットの一括査定サイトに、自分の連絡先と愛車の情報などを入力して送信すれば、数日のうちに、多くの中古車買取業者から、あなたのクルマの査定結果が届くのです。
あなたはその中から、一番条件の良かった会社を選んで、実車の査定を依頼すればいいのです。
後日、その業者から査定員が派遣されますので、あなたは家で待っていればいいのです。
査定員が詳細に愛車をチェックした上で買取価格を提示し、あなたがその価格に同意したら、晴れて「売買成立!」となります。
基本的に、あなたは一歩も家から出る必要はありません。
どうですか?
実にラクチンですよね?
ネットがなかった時代の事を思えば、まさに隔世の感といえるでしょう。
以上のように、クルマを売却するのに一番お手軽な方法は、一括査定サイトを経由して中古車販売店で買い取ってもらう事だと断言して間違いありません。
次のページでは、この「一括査定サイト」について触れたいと思います。

オークションのデメリット

043
もう一つのデメリットとしては、「落札者からのクレーム」もあります。
もし、落札後に車の不具合や申告漏れ、メーター改竄などが発覚すれば、オークションの規約により、ペナルティがオークション代行業者に課せられます。
その場合、結果としてあなたがペナルティを負担するという事態になる可能性もあります。
仮に高価で売却できたとしても、それまでに何度も再出品したり、後からペナルティを課せられたりすれば、最終的には大損となってしまうことも考えられます。
このように、オートオークションを賢く利用するなら、「高確率で落札される」ということが重要です。
高年式のクルマや、根強い人気のあるクルマがおすすめです。
逆に、不人気車や、古いクルマなどは向かないかも知れません。
ひとつ頭に入れておいて欲しいのは、オークション代行の手数料が「定額制」の業者と、「歩合制」の業者があるということです。
たとえば、定額制なら「一律5万円」。
歩合制なら「落札価格の5パーセント」。
……などという具合に設定されています。
先ほども述べましたが、高価値のクルマは中古車オークションで売却するのに有利です。
しかし、歩合制の手数料を徴収する代行業者に依頼すれば、売却価格が高い分、余分な経費がかさむので注意が必要なのです。

個人売買はやめておいたほうが。。。

先ほども述べたように、名義変更の手続きが完了しない限り、自動車税の支払義務はずっと売り手側にあるのです。
口先だけで「名変しましたよ」と言って、実際は手続きをしない悪質な落札者がいれば、出品者に自動車税の請求がくるのです。
また、オークションに自動車を出品する場合は、所定の出品料がかかります。
落札後に連絡が取れなかったり、代金を支払わなかったりと、落札者の一方的な都合でキャンセルになった場合、出品者は丸損になります。
自衛手段として、オークションでクルマを売却する場合は、「名義変更が完了するまで、自動車税○○円を預かります」とか、「落札後のキャンセルは、違約金として○○円を頂きます」などと明記することをおすすめします。
このような個人売買でトラブルが起きた場合は、苦情を申し立てる場所がないため、基本的には個人同士で解決しなければなりません。
あまりこじれてしまうと、最終的には法的手段に訴えるしか道はなくなります。
そんな事態を未然に防ぐには、商品説明や売買手続きの際の注意点などを詳細に明記することが大切です。
また、売買が成立した時点で、書類の手続きや車両引渡し後のクレームなどの対応について、きちんとした契約書などを作成し、残しておくことも肝要です。
さて、この項でご説明した「オークション」とは、一般的なネットオークション。つまりヤフオクや楽天オークションの事ですが、中古車売買における「オークション」というのは、それとは全く異なる性質のものもあります。
この事を誤解されている方も多いと思うので、次のページでは様々なオークションの特徴について説明します。

中古車個人売買のメリット・デメリット

個人売買のメリットの最たるものは、「業者が間に入らない個人同士の取引なので、中間マージンが発生しない」ということです。
そのため、売り手は高く売却できますし、買う側も中古車販売店で買うよりも割安で購入できます。
おまけに個人間の売買ならば、消費税も課税されません。
余分な費用が削減できる分、お互いにお得感が得られるのです。
また、ドレスアップしたクルマなどは、ディーラーの下取りや買取専門店の査定では、あまり評価してもらえなかったり、逆にマイナス査定になるケースもあるのですが、それがセールスポイントになる事もあります。
エアロパーツを多く使ったり、こだわりのあるオーディオにお金を注ぎこんだクルマでも、「メーカー純正ではない」という理由で、一般的な査定には反映されない事も多いのです。

しかし、個人売買の場合は、クルマの値打ちを決めるのはあくまでも購入するユーザーです。
趣味さえ合えば、「おっ、このクルマ、良いねぇ!」となって、高い値段を付ける人もいるのです。
しかし、当然ながらデメリットもあります。
一番のデメリットは、売り手と買い手のトラブルです。
インターネットによる売買では、一度も現物を見る事もなく、説明文と画像だけで判断してクルマを購入する場合も少なくありません。
これがのちに様々なトラブルへとつながる危険性もあるのです。
写真と実車の印象が違っていたり、説明に書かれていたものと装備が異なっていたり、不具合に関する記述が充分ではなかったせいで、引渡し後にクレームが付いたり……
中古車販売店なら、苦情に対する対応にも慣れているでしょうが、売り手がズブの素人の場合はそうではありません。
対応が不適当なら、問題がますますこじれる事にもなりかねません。
それ以外でも、車両引き渡しの際の段取りのまずさや、書類の不備で手続きに手間取ったり……という具合にトラブルの原因は色々あります。
しかし、中でも最も多いのが、「名義変更に関するトラブル」ではないでしょうか。
商談がまとまり、クルマを引き渡すと、所有者が売り手から買い手に移ります。
そのためには「名義変更の手続き」が必要になってくるのです。
クルマを手放しても、名義変更が行われない限り、自動車税の支払義務は引き続き、売り手側にあります。
それに、万が一その車で交通違反をされたり、事故でも起こされると、責任まで追求されかねません。
そのような事態を避けるため、売り手は名義変更に関しては厳重に確認せねばなりません。
名義変更の手続きは、売り手・買い手のどちらが行なうという決まりはありません。
しかし、オークションなどでは一般的に、買い手が手続きすることが多いようです。
ただし、これはあくまで一般的な話。交渉の際に、どちらが名義変更手続きを行うかの取り決めをしておきましょう。
名義変更の手続きに必要な書類は、印鑑証明や実印を捺印された委任状などです。
これらはとても重要な書類ですので、委任された方は責任を持って管理・手続きを行わなねばなりません。
これらの委任状や譲渡証明書などは、委任する前に依頼者側が必要事項を記入しておく事をおすすめします。
委任状や譲渡証明書には、車体番号などを記載する必要があります。
これを事前に記入しておくことによって、他の目的で使用される事が防げるからです。
双方が売買に同意し、買い手側が手続きを行うケースでは、売り手が一時金を預かるのもトラブルの防止に役立ちます。
この一時金は、名義変更が終わった事が確認された時点で、買い手に返却するか、車両代金の一部としてそのまま受け取ります。

車の売却時の手数料

手数料は歩合ですから、クルマの売却金額が高くなればなるほど手数料も高額になります。
下手すると、買取専門店に売却した方がトクだった……なんてケースにもなりかねませんので注意が必要です。
④は中古車買取専門店に売却する方法です。
昨今では、一番メジャーなやり方といえるのではないでしょうか?
その証拠に、店舗数が飛躍的に増加し、広告もやたら目にしますよね。
これは、実際に愛車を査定してもらい、算定した買取り価格に同意すれば、売却するというものです。
なお、査定方法には、自分がクルマを直接買取り業者に持ち込む場合と、自宅に査定員に来てもらう場合があります。
基本的に、それらの査定に関する費用は、一切かかりません。
また、最近では「一括査定サイト」というのもありますので、インターネット環境のある方なら、利用してみるのもいいでしょう。
「無料で多くの業者に査定してもらえる」というのがメリットですが、逆に言えば、業者選びが最重要課題になってきます。
……このように、クルマの売却手段は様々な選択肢があります。
次のページからは、それぞれの方法について、詳しく述べていきたいと思います。