車買取ではトラブルが発生することも

車の査定を受けることが決まったら、車体についた傷をどうしたらいいか判断に迷うこともあるでしょう。

これは傷の大きさによります。小さくて自分で直せそうなら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。

なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままで査定員に見てもらうのが正しいです。
車買取ではトラブルが発生することも少なくなく、ネット査定での価格と、実車査定の価格が大幅に違うというのはもはや普通でしょう。買取の契約が成立した後に些細な理由をつけて減額されること事例も少なくありません。

車を引き渡し終えたのにお金の振込がない事例もあります。

高額査定を思わせるひどい業者には注意してくださいね。

近頃では、スマホ人口は増加の一途をたどりつつありますが、車の査定も勿論スマホで行なえるのをご存知でしょうか。パソコンをあまり使わないという人もネットだからこそ可能な一括査定サービスを利用でき、時間の短縮になり手間も省けるというものです。
できるだけ査定額を高くしてくれる買取業者を見つけ出すため、査定は数社に申込んでみるのが良いでしょう。

車査定用の優れたアプリもたくさんありますので、それらを利用して業者探しの効率がもっと上がりそうですね。どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定にプラスとなります。

走行距離が多い程に車の状態が劣化してしまうからです。そう言っても、走った距離のメーターに細工をするとサギとなるので、走行してしまった分は仕方がありません。この後からは、車を売ることを頭に入れておき余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

オークションでの中古車売買するなら

002

あなたは「オークションで洋服を売買する」と聞くと、どんな風に思いますか?
きっと、ケータイやパソコンのネットオークションを思い浮かべるのではないですか?
では、「オークションで中古車を売買する」と聞くとどうですか?
同じように、ヤフオクや楽天オークションを利用する事を想像しましたか?
もしそう思った方は、残念ながら不勉強と言われても仕方ありません。
いや、一般常識としては間違っていませんが、クルマを高く売りたいと考えている方ならば、その程度の認識じゃ困ります。
ここでは、中古車売買で利用されるオークションについて、それぞれの特徴をご説明します。
【ネットオークション】
これについては前のページでも触れましたね。
ヤフオク・楽オク・モバオクなどで中古車を扱っています。
出品の仕方は、基本的に家電や、洋服、日用品などとほとんど変わりませんので、一度でも出品された経験がある方なら、さほど難しくはないと思います。
ただし、自動車の場合は、出品料などが割高になっている場合がありますので注意してください。
参考までに費用は以下のようになっています。
★ヤフオク……出品手数料2,940円(税込)×個数、落札手数料2,940円(税込)×個数。Yahoo!プレミアム会員費月額346円。
★楽天オークション……登録料・出品手数料無料、落札手数料落札金額の5.25%。
(取引完了後に落札者へ付与される楽天スーパーポイント 等 (1.05%)も出品者の負担)
★モバオク……出品手数料・落札手数料ともに無料。登録料月額315円。
ちなみに、自分も昔、ヤフオクで中古車を落札した事があります。
最初は中古車販売店で購入しようと思って検討していたのですが、中古車販売店の場合、記載された販売価格と実際の支払い総額にかなりの差がある事に気付いたのです。
車両本体価格は安くても、そこに税金などの諸費用が加わると、10万~20万円も上乗せされてしまいます。
税金などは仕方ないとしても、「整備費」などという名目で数万円も取られるのがどうにも納得いかなかったのです。
そこで、選択肢をネットオークションに広げたのです。
結果的には、中古車販売店の相場より2割ほど安い値段で購入できました。
最初はやはり心配でしたが、出品者が小規模とはいえプロの中古車店だったため、手続きもスムーズにいきました。
その時に気付いたのですが、ネットオークションに中古車を出品しているのは、個人よりもむしろ業者のほうが多いのでは? ……という事です。
勿論、実際に集計した訳ではないので、現実的にどちらが多いとは言えませんが、「ネットオークションは個人間の取引」だと思い込んでいた自分には、ちょっとした驚きでした。
でも考えてみれば、ネットオークションを利用すれば、へんぴな場所や無店舗でも中古車店が開業できる訳ですし、広告費なども要りませんから、合理的とは言えるでしょうね。
話は少し逸れてしまいましたが、今から思えば、自分がトラブルなく中古車を買えたのも、相手がプロの中古車店だったからだと思うのです。
名義変更も自分で手続きしたのですが、その際も丁寧にアドバイスしてもらえましたから。
仮に、相手が自分と同じような素人なら、こうはいかなかったと思います。
同時に、もし自分がネットオークションを利用してクルマの売却をするのであれば、最低限の知識は必要だと痛感しました。
もし落札者が、名義変更の事など何も分からない素人であっても、きちんとフォローできるくらいでないと、難しいのではないでしょうか。
いや、手続きに手間取るくらいならまだマシです。
落札したのが悪質なブローカーだったりしたら、それこそ笑い事では済みません。
こちらが素人だと分かったら、色々と難癖つけて、落札金額の値引きを強要されるなんて事態にもなりかねないのです。
ネットオークションの出品は実に簡単です。
画像をアップし、説明文を添え、スタート価格や最低落札価格などを決めるだけで、誰でもクルマを売ることは可能です。
しかし、後々の事をきちんと考えて出品しないと、要らぬトラブルの種になります。
前に述べたように、名義変更が完了するまで一時金を預かる旨。
落札後のキャンセルはペナルティを申し受ける旨。
支払いは現金の一括払いに限る旨。
それに加えて、後々のクレームを回避するためにも、クルマの現状に関して正直に記述しておく事が重要です。
事故歴は勿論ですが、傷や凹み部分の写真を添えるのも親切でしょう。
勿論、実車を確認してもらった上で入札してもらうのがベストです。
可能なら、「平日の○時から○時までに来て頂けたら試乗OKです」……という風にすれば相手も安心して入札してくれるでしょう。
しかし、一番肝心なのは落札された後。
名義変更がきちんと完了するまでは、決して気は抜けないのです。

愛車の下取りディーラーが一番良いわけではない。

まあ、バレたら懲戒モノでしょうが、かなりの小遣い稼ぎになったそうです。

そんな事ができたのも、客が愛車の下取り価格に無頓着な時代だったからですよね。
今じゃ、みんなお金にシビアですから、到底不可能だとは思いますが……。
さて、先程「下取りはサービスの一環」と言いましたが、これに関しては若干誤解されている方もいるだろうと思います。
つまり、「クルマを買ってあげるのだから、普通より高く査定してもらえるだろう」という風に勘違いしている人が未だに多くいるのです。
しかし、よく考えてみてください。あなたの愛車を下取りした自動車ディーラーは、その車が転売できなければ、あなたに販売した新車や中古車の利益を回収出来ない訳なんですよ。
となると、ディーラー側とすれば、販売代金を回収するために、それ相応の手間や費用(整備費・広告費・人件費・税金など)も必要になってきます。
したがって、あまり高く下取りすると、「クルマが売れたのはいいが、全然儲けはなかった」なんて事態になりかねません。
ですから、ディーラーの下取り価格が、買取業者の査定価格よりも高くなるなんて事は、実際問題、あまりない事だと頭に入れておいたほうがいいでしょう。
また、ディーラーによっては、値引き金額と下取り金額をミックスした見積書を出してくるケースもあります。
こうなると、正確な査定価格は分かりませんよね。
こんな場合は、値引き金額と下取り金額を別記した見積を出してもらうように要求しましょう。
その上で、下取り金額が一般的な相場よりも低かったりした場合は、それを指摘し、査定金額や値引き額のアップなどの再交渉をしてみるのも賢いやり方だと思います。

愛車を下取りしてもらうには

クルマの「下取り」とはどんな仕組みでしょう?

下取りというのは、新たなクルマ(新車および中古車)を買う際に、現在乗っている愛車を、支払い代金の一部として引き取ってもらう事を指します。

ひと昔前は、クルマを買換える時はこの方法が一般的でした。
しかし、近年では車の買取りを専門に扱う業者が増えていますので、クルマを購入したディーラーなどに下取りに出さず、この種の業者を利用する人も多いようです。

中古車の買取専門店は、二十年くらい前から全国で増え始め、現在では新車ディーラーや、中古車販売店に匹敵するほど店舗数を増やしています。

テレビやラジオなどのCMでも、かなりの頻度で中古車の買取専門店の名前を耳にしますよね。
しかし、いくら宣伝に力を入れたからといって、それが直接、買取業者を利用する人が増えた要因となった訳ではありません。
買取専門店が隆盛を誇っているのには、明確な理由があるのです。

今までなら、「クルマの購入→売却」という手続きが一度で済んでいたのに、購入店と売却店が別々なら二度手間になります。
わざわざそのような面倒をしてまで、なぜ買取店に持ち込む人が増えたのでしょう?

その理由は、「そのほうが得」だからです。
たとえば、新車のディーラーなどは、あくまでも「新車を販売する」のを生業としています。
けっして「客から安い値段下取りしたクルマを、高く売って利鞘を得る」ということを優先的に考えてはいないのです。
勿論、引き取ったクルマを中古車として販売しているディーラーもありますが、そんな店でも買取専門業者ほど買取りに積極的ではありません。
新車ディーラーにとって、下取りはあくまでも「サービスの一環」という意識が強いのです。
たとえ、人気のあるクルマだからといって、高額で下取りしてくれるとは限らないのです。
それならば、複数の買取専門店に査定依頼をしたほうが、高い査定金額が付く可能性が高いということになります。
このような理由から、専門業者を利用する人が増えているのです。
しかし、「下取り」という制度は絶対的に損なのかというと、一概にそうとも言えません。
なぜなら、中古車買取店では、「売れること」を前提にしているので、市場価値のない車は引取ってくれません。

しかし、新車ディーラーなどは、「値引き」という意味合いで、査定がゼロのクルマだったとしも数万円で引き取ってくれる場合もあります。
ですから、買取り専門店で査定ゼロと言われるようなクルマの場合は、ディーラーで引き取ってもらう方が得するケースもあるのです。
ただし、まだまだ価値のあるクルマの場合は、下取りと買取の両方に査定を依頼して、一番高く査定してくれた会社に売却するのが賢い方法だと思います。
これは余談ですが、自分の友人が昔、国産車ディーラーに勤めてる時、お客さんから安く下取りしたクルマをこっそり中古車屋に横流ししてました。