中古車個人売買のメリット・デメリット

個人売買のメリットの最たるものは、「業者が間に入らない個人同士の取引なので、中間マージンが発生しない」ということです。
そのため、売り手は高く売却できますし、買う側も中古車販売店で買うよりも割安で購入できます。
おまけに個人間の売買ならば、消費税も課税されません。
余分な費用が削減できる分、お互いにお得感が得られるのです。
また、ドレスアップしたクルマなどは、ディーラーの下取りや買取専門店の査定では、あまり評価してもらえなかったり、逆にマイナス査定になるケースもあるのですが、それがセールスポイントになる事もあります。
エアロパーツを多く使ったり、こだわりのあるオーディオにお金を注ぎこんだクルマでも、「メーカー純正ではない」という理由で、一般的な査定には反映されない事も多いのです。

しかし、個人売買の場合は、クルマの値打ちを決めるのはあくまでも購入するユーザーです。
趣味さえ合えば、「おっ、このクルマ、良いねぇ!」となって、高い値段を付ける人もいるのです。
しかし、当然ながらデメリットもあります。
一番のデメリットは、売り手と買い手のトラブルです。
インターネットによる売買では、一度も現物を見る事もなく、説明文と画像だけで判断してクルマを購入する場合も少なくありません。
これがのちに様々なトラブルへとつながる危険性もあるのです。
写真と実車の印象が違っていたり、説明に書かれていたものと装備が異なっていたり、不具合に関する記述が充分ではなかったせいで、引渡し後にクレームが付いたり……
中古車販売店なら、苦情に対する対応にも慣れているでしょうが、売り手がズブの素人の場合はそうではありません。
対応が不適当なら、問題がますますこじれる事にもなりかねません。
それ以外でも、車両引き渡しの際の段取りのまずさや、書類の不備で手続きに手間取ったり……という具合にトラブルの原因は色々あります。
しかし、中でも最も多いのが、「名義変更に関するトラブル」ではないでしょうか。
商談がまとまり、クルマを引き渡すと、所有者が売り手から買い手に移ります。
そのためには「名義変更の手続き」が必要になってくるのです。
クルマを手放しても、名義変更が行われない限り、自動車税の支払義務は引き続き、売り手側にあります。
それに、万が一その車で交通違反をされたり、事故でも起こされると、責任まで追求されかねません。
そのような事態を避けるため、売り手は名義変更に関しては厳重に確認せねばなりません。
名義変更の手続きは、売り手・買い手のどちらが行なうという決まりはありません。
しかし、オークションなどでは一般的に、買い手が手続きすることが多いようです。
ただし、これはあくまで一般的な話。交渉の際に、どちらが名義変更手続きを行うかの取り決めをしておきましょう。
名義変更の手続きに必要な書類は、印鑑証明や実印を捺印された委任状などです。
これらはとても重要な書類ですので、委任された方は責任を持って管理・手続きを行わなねばなりません。
これらの委任状や譲渡証明書などは、委任する前に依頼者側が必要事項を記入しておく事をおすすめします。
委任状や譲渡証明書には、車体番号などを記載する必要があります。
これを事前に記入しておくことによって、他の目的で使用される事が防げるからです。
双方が売買に同意し、買い手側が手続きを行うケースでは、売り手が一時金を預かるのもトラブルの防止に役立ちます。
この一時金は、名義変更が終わった事が確認された時点で、買い手に返却するか、車両代金の一部としてそのまま受け取ります。

Comments are closed.